MENU

TOPICS オペア体験談

理想と現実

こんにちは!
Nanamyです!

私の周りは結構保育士が多いです。

保育科の学校に通っていたから普通じゃん!って思うかもしれませんが

そこで出会った友達以外の地元の友達も保育系に進んだ人が多いです。

みんな短大卒業後、ほぼ99%の人は保育関係の仕事に就職しました。

例えば、保育園、こども園、幼稚園などに!

ですが、アメリカから帰国して久々に会った時2割の人が保育の道から離れた仕事をしていました。

一番多い理由は、給料面です。

自分のやりたいことができて楽しいが、生活する金銭面の安定を求め違う職種に移っている人が多いですね。

みんな子どもは好きだから、「このまま続けられるなら、続けたい。だけど自分の家庭を持つと考えた時にこのままではダメだと思った」

ってなるんですよね。

保育関係で働いているパパさん、ママさんって本当に凄いですよね!

職場で子どものお世話をし、家に帰ると自分の子どものお世話をし。

ずっと子育てをしている感じで、本当に尊敬です。

大好きなことを仕事にするのは良くない

自分の二番目に好きなことを仕事にすると良い

って、昔先輩が言っていた言葉があります。

本当にそうだと感じます。

好きなことを仕事にしてしまうと、仕事が「もう、嫌だ!」ってなってしまった時に

好きなことが嫌いになってしまいますもんね。

私も子どもと関わることが好きだからこそ、保育園や幼稚園で働かなかったんだろなって思います。

だけど、子どもと関わることを求めオペア留学ができたし

自分にあった方法で、子どもと関わる仕事ができたらな!と準備ができています。

もう今日は金曜日!

今週も終わりです!

Have fun FRIDAY NIGHT!!!!!!

Nanamy

留学を強く決意!

こんにちは!

今日はNanamyの番です!

私は学生時代、那覇にあるホテルのフロントデスクで働いていました。

そのホテルではインバウンドの方が多く、働きながら英語を学んでいました。

ゲストとコミュニケーションを取るためには「話す」「聞く」、メールの対応で「書く」

この3点を働きながらできたので、勉強しよう!と行っていたのではなく

仕事で使う英語はどんどん成長していきました。

もちろんに、日本語に関しても同じです。

保育士にならないと決めた後も

昼は学校で保育について学んでいたのですが

放課後、ホテルで働くと様々な職種やライフスタイルの方と出会うので

将来への選択が多くなり、ホテルで働くことが楽しくて仕方がありませんでした。

そこから、強く留学したい!って気持ちが高まり進路はオペア留学の1本になりました。

ホテルに働き始めた時は、社会の常識も知らない、敬語も上手く使えない、

右も左も分からない私でしたが、素敵な大人の方達に出会い、色々な事を学びました。

約3年は勤めましたが、5年分ぐらいたくさんの経験や学びがありました。

Nanamy

It’s pleasure to meet you!

こんにちはNao です!
今日は私事にはなりますが、自己紹介とオペアとしてアメリカに来るまでの経緯を紹介させて頂きます!
こんな私でも今こうしてアメリカに住み、仕事をしているので
本当に本人のやる気次第で世界はいくらでも小さくできるし、やりたい事を年齢や経歴関係なく、欲張っていってもいいんです!!
私とNanamyさんが証明です!✌︎
まず私は現在27歳で、本当にギリギリでオペアそしてアメリカに滑り込みました!
大阪で生まれ育ち、兄の影響で英語の音楽に触れ始めた小学生高学年の頃、いつの日か英語を話せる様になりたい、海外で生活してみたい、という夢が出来ました。
そこから某外国語大学に入学、ただ当時留学できるチャンスはなくそのまま卒業、
就職先は外資系アパレル、東京勤務でした。
学生時代よりも社会人になってからのほうが”留学欲” が増していき、
このままこの会社に5年10年と勤めていたら、留学できるチャンスなんてなくなってしまう!!
と、危機感を覚え、自分の中である一定の期限を決め、それに達成したら会社を辞め、海外にでようと心に誓いました。
その後、心を許せる友達や信頼のおける友達に、口に出して『海外にいきたいと思っている』と伝えていきました。そうする事で、自分へのリマインダーと実現性、後には引けない状況をすこしずつ作っていきました。
そしてついに私は前職を辞職し、フィリピンに2ヶ月語学留学、その後にカナダに1年間Working Holiday visa で滞在しました。
フィリピン留学や、カナダワーホリ についてはまた別の記事にて紹介したいと思います!
そして現在ーーー 
2019年12月より、アメリカにてオペアプログラムに参加しております。
ここに来るまでにたくさんの人にアドバイスを頂いたり、助けていただいたり
もちろん家族や友達にもたくさんサポートして頂いて今に至ります。
それに至っては本当に感謝でしかないですし、一人ではここまで来れなかったと思います。みんな本当にありがとうね!!
2020年、今世界的パンデミックの中、もしオペア留学を志している方がいるのなら、
是非諦めないで、少しの可能性にでもかけて絶対実現してほしいです!!
そして、そんな方々のために少しでもサポートが出来れば幸いです。:)
それでは良い1日を! Have a nice day! :)
Nao

NYからこんにちは!

はじめまして!
現在アメリカのNY州でオペア をしておりますNaoと申します。

アメリカに来たのが2019年の12月初旬、もう少しで滞在1年となります。
そこで皆さんにアメリカでのオペア ライフを少しでもシェアできればと思い、ブログを書く事にいたしました!

これからはオペアについてやアメリカでの生活、自分自身が体験した事等を記録に残していきます!
ぜひオペアについて興味のある方、これからオペアとして渡米を控えている方、子育てに携わる方、また留学を希望されている方など、沢山の方の参考になれば幸いです。

NYはだんだんと冬のシーズンへと変わり、ジャケットが必須の気候となって参りました。
皆さまもどうぞお体に気をつけて、お過ごし下さい〜! :)

それでは良い1日を! Have a nice day!

Nao

現役オペアさんも!

こんにちは!
Nanamyです!

こちらでは色々なオペアさんに協力して頂き
私以外の体験談などもシェアしていきたいと思います。

オペア時代に出会ったNaoさんに、Naoさんのオペアライフをこれからシェアしてもらいます!


NaoさんとはInstagramを通して、知り合いました。

同じオペアなのですが、私とNaoさんでは体験していることが違います。

例えば、オペアをする前の経歴、オペア先の子どもの年齢、ホストファミリーがオペアに求める仕事内容などなど。

同じアメリカで生活していても、見え方、感じ方が違います。

不定期ではありますが、Naoさんの投稿もお楽しみください!

明日のNaoさん、宜しくお願いします!

今週も皆さん一緒に頑張りましょう!

Nanamy

保育士を目指し、進学!

こんにちは!

Nanamyです!

帰国して、約2ヶ月が経とうとしています。

時間の流れってとても早いですよね!

少し昔話をさせてください:)

私は幼い頃から従兄弟の子ども達と週末を過ごしたり、甥っ子と過ごしたりしていました。

週末は友達と遊ぶより、家族と過ごす方が楽しかったです。

その頃から赤ちゃんが大好きで、従兄弟が赤ちゃんを産む度に、遊びに行く従兄弟の家を転々としていました。

私は従兄弟の中で一番下です。

一番上の従兄弟とは約30歳も離れています。

私の両親がどちらも6人兄弟の一番下で、私は兄弟とも年が10.11才離れているので、必然的にそうなりますよね!

なので、私が小学生のことは毎年2回は従兄弟の結婚式があり、ベビーブームがきていました。

小学校から今の今までずっと子どもと関わることを求め体が動いています。

高校生の時、進学する気がなかった私に学校の先生や友達は進学を強く勧めました。

私の家族の教育方針は、子どもの意見を尊重する両親でした。

いや、私がいつも決定事項を報告するので、賛成も反対も意見を言わせていなかったですねwww

兄弟の中で一番下なので、その点は甘やかされていましたねw

先生、友達の勧めから、将来何になりたいか考えた時に、子どもが好き、海外に留学してみたいとい2つしか候補がありませんでした。

なので、保育科のある学校に進み、その後語学留学するのもありか思い、短大に進学しました。

無事、進学後保育について勉強してみると、保育士の先生の行う仕事量に驚きでした。

私は、保育士の先生は子どもと関わる面しか見たことなかったのですが、

その裏にはペイパーワークが沢山あるではありませんか。

例えば、連絡帳、日誌、月案、週案、日案、一人一人の個人記録、制作活動の準備、スキルアップのための勉強などなど。。。。

私が学んでいた時は、全て手書きで書かないといけない、修正テープなどを使用することも認めて貰えないなど、堅苦しい場所でした。

ペーパーワークは子どもがお昼寝している時や、家に持ち帰って行うなどを聞いた時に、私は保育士には慣れないと思いました。

正直、子どもの命を預かり沢山の知識を与える素晴らしい仕事なのに、安月給すぎて自分の時間を十分に持つことができないことで

子どもと関わることが苦痛になるのではと思い、保育園では働かないと決意しました。

その決意が、大学1年の前期です。

その後は、学ぶことに関して嫌なことはなかったので、大学は卒業し、保育士免許、幼稚園教諭資格は取得しようと思い勉学に励みました。

高校時代にアルバイト先で出会った先輩が行っていたオペア留学を思い出し、保育関係の仕事をしないのならオペア留学をしよう!と決め大学生活を満喫しました!

そんな当時の私は環境の授業で亀のお世話をしていました。

亀の日光浴兼お散歩している亀との様子写真です!

ここまで読んで頂き、ありがとうございます!

次回は、卒業後〜のお話をさせてください。

Nanamy

オペア留学に出会ったきっかけ

こんにちは!Nanamyです:)

今日は私がオペア留学と出会ったストーリーを聞いてください。

私の姉が高校卒業後からずっとワーホリや語学留学をしている人でした。

なので、留学することにとても憧れがありました。

その当時の私の情報は姉の姿を見て知る事しかなかったので、留学となるとワーホリか学生ビザでするしかないと思っていました。

高校生の時は、積極的に留学プログラムに参加し高2の時に夏休みを利用して1ヶ月シアトルへホームステイし、高3の時は学校の交換留学で約2週間オーストラリアに行きました。

その後、バイト先の先輩が専門学校卒業後アメリカに行き、ホームステイをすると聞きました。

私は、専門学校卒業したら大人なんだからホームステイじゃなく、一人で暮らすもんじゃないの?って疑問がありました。

なぜなら、姉は毎回自分で部屋を借り、海外で生活していたからです。

よくよく聞くと、ただのホームステイではなく、住み込みで働きながらベビーシッターするって言い

「何それ!どんなん留学?」って飛びついて話を聞きました。

それがオペア留学を出会ったきっかけです。

なぜその先輩がオペア留学を知っているかというと、沖縄ではSIBAという専門学校がありそこでチャイルドイングリッシュコースがあります。

そこからオペアに行く人が多いし、学校も色々お手伝いを行っているので知っていました。

なのでアメリカで出会う沖縄の人は多いです!

初めてできた日本人オペアの友達に、「また出た!沖縄の人!」ってなるぐらい多いですw

アメリカで出会った人に大学の授業の一環でオペア留学をしている人もいました。

その人たちは、友達みんなオペア留学しているのでとても心強そうでした。

ここまで読んでくれ、ありがとうございます!

次の投稿もお楽しみに!

Nanamy

Let me help your FIRST STEP!!!

はじめまして!

Nanamylogというチャンネル名でYouTube活動をしています、Nanamyです!

YouTubeでの活動を通して、いろいろな方にオペア留学について知ってもらえました:)

現在はオペア留学を終え、地元である沖縄で過ごしています。

今までとは違った形で、オペア留学についての情報を発信したく今回konpeito’sを立ち上げ、活動する事にしました。

オペアを目指す方のみならず、オペア留学に少しでも興味がある方、皆さんに私の経験談を通して、次のステップに繋がる何かを得て貰いたいです。

ここでは、オペアのちょっとしたエピソードや現在オペアしている方のブログのような形で発信していきます☺️

これから宜しくお願いします:)

Nanamy

最新記事

  • 2020.11.20

    理想と現実

  • 2020.11.19

    留学を強く決意!

  • 2020.11.18

    It’s pleasure to meet you!

アーカイブ

テレビ電話にてご相談受付中!

初回1h

1,100(税込)~

2回目以降 1,650円(税込)~